こんばんは!

健康運アップ手相鑑定士の清水瑞雪です。

今日は腸内細菌の役割について調べてみてました。

米のとぎ汁乳酸菌を飲むようになりお通じ量が増え毎日お腹の調子がいいです。

市販の乳酸飲料水とは違いますね。

私の昔の経験ですがあまりにも便秘気味になりますと、口臭がきつくなったりします。腸内に止まっているうんちの臭いだと思います。

原因はストレス、不規則な生活(夜の勤務など)、不規則な食生活などいろいろあったと思います。

このような状態になりますと、腸内細菌の少ないというか働いていないということですね。

腸内細菌や乳酸菌が増えると、体感としてお通じ量が増えるだけのように思いましたが、他にもいろいろなありがたい働きをしてくれていました。

1 有害物質、発がん物質の分解・排泄

2 病気から守る

3 免疫力アップ

4 それぞれの臓器の機能の活性化や修復

5 腸内PHの調整

6 ホルモン・ビタミンを作る

お通じも食べた物で出来ていると思っていましたが、水分や有害物質剥がれた腸内粘膜なども含まれているようです。

夜は量を少なめにした方が良いと聞きましたが、たくさん食べるのも腸に負担がかかるので良くないというのは納得しました。

今は昼は多めに、夜は少なめに食べています。この状態がちょうど良いのかしばらく続けてみようと思います。