こんばんは。

「健康と波動の少彦名」の健康運アップ手相鑑定士の清水瑞雪です。

今回はコレステロールについて書いていきます。

私は長年コレステロール値(脂質検査)の数値が高く悩んでいました。医療機関によって基準値が異なるかもしれませんが会社が厳しく設定していたため指摘され続けていました。

コレステロールは副腎皮質ホルモンや性ホルモン、細胞などの原料になります。薬で無理やりコレステロール値をさげると減らしていくと大変なことになります。また薬の副作用もあります。

飲み始めると最低でも1〜2週間は飲み続けることになり、必要以上に飲ませようとする医者もいます。

減っていくほど病気になりやすいということになります。癌や感染症、認知症にもかかりやすいようです。

昔の私は、医者の言われるがまま、数値で体の状態を判断していて「日本の製薬会社が作った薬だから大丈夫」という思い込みをもったまま長期間飲んでいました。大きな副作用はありませんでしたが、しばらく体の不調が続きました。

今は病院に行っていませんが、母が薬もらってきた時、聞き慣れない添加物、人工甘味料などは調べるようにしています。